中野区行政書士 | 創業融資に強い行政書士なら高橋法務会計事務所

創業融資の基礎 日本政策金融公庫と信用保証協会

創業融資の基礎の基礎 日本政策金融公庫と信用保証協会

まず、貸付元となる日本政策金融公庫と信用保証協会の違いについて確認しましょう。
貸付元は大きく分けて、日本政策金融公庫と民間銀行になります。民間銀行の融資は制度融資とプロパー融資の2種類に分かれます。

 

日本政策金融公庫とは

中小企業の振興を目的とした特殊法人で、創業者にむけて様々な融資メニューが用意されています。特徴としては審査も融資も日本政策金融公庫自体が行うことです。そのため事業計画書の審査も1回であり、資金も直接口座に振り込まれます。

 

制度融資とは

制度融資とは都道府県などのの自治体、保証協会、民間銀行が合同で行うパッケージのような融資です。創業融資として民間銀行から融資を受ける際には保証人として信用保証協会を利用するのが一般的です。

 

特徴としては審査は信用保証協会と銀行の両方で行われること、保証協会自体は直接融資を行わなず、銀行と申込者の間で締結された消費金銭債務の保証をするに留まることにあります。また、設備投資などの場合は申込者の口座を経由して支払い先に振り込まれることがあります。

 

チェックポイント

良く勘違いされる方がいらっしゃいますが、信用保証協会は直接融資を行いません。貸付自体はあくまで銀行が行います。そのため、稀にですが信用保証協会の審査を通過しても銀行の審査が通過しない場合があります。

 

プロパー融資とは

銀行が独自の判断で行う融資です。新規事業者は実績がないため審査が非常に厳しく、ほとんど利用できないと考えて良いでしょう。

 

 

関連ページ

融資を受ける前に考えておかなくてはならない事
創業融資をメインに、融資に強い会社設立を経営改善指導員の資格を持つ行政書士がお手伝いします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ お役立ち情報 事務所案内 料金表 お問合せ